体験者の声5

私がカウンセリングを受けるきっかけとなったのは、我が子が「学校に行きたくない」と言うようになったことでした。

最初は本当にパニックで、こんな時に親としてどうしたらいいかも分からない、何処に誰に相談していいかも分からない、そんな状態でした。

そこでたどり着いたのが吉野先生のカウンセリングでした。
当初、私が変わることで子どもも変わる、というような事を言われ、「私じゃなくて子どもが変わらないと意味ないんだけどな」と思いつつ、半信半疑で受け始めました。

今思うと私は、自分で自分のことを大切に出来ていませんでした。自分のことをないがしろにし、誰に対しても相手優先で、相手の出かた次第で自分のことを決めて生きていました。だから人の顔色を伺い、「自分がない」感覚を常に持っていました。
こんな生き方をしているお母さんから、我が子はどんなメッセージを受け取っていたことでしょう...

私はどうしてそんな人生を生きているのか?
カウンセリングでは子ども時代に遡って、原因である出来事や環境に目を向けていきました。傷ついて辛いから目を背けたり、心に蓋をしてなかったことにしてきたことを思い出したり認めたりするのは、しんどくて苦しいこともありました。

でもカウンセリングして暫く経つと、不思議なほど心が軽くなっていることに気がつくという体験を何度もしました。

また、心の勉強会などの講座を受けて心理を理論的に学ぶことで、人生や子育てにおいて、たくさんの勘違いや思い込みをして生きていることに気づかされました。
心にも栄養が必要なこと、皆んな違って皆んないいことなど、分かっているつもりだったけれど、本当の意味で理解できていなかった多くのことに気づくことができました。

そうして私が変わることで、我が子が受け取るメッセージも大きく変わったのだと思います。今では将来の目標をもって毎日学校へ通えるようになりました。

この、カウンセリングや講座での、たくさんの「気づき」が人生をより良いものへと変えてくれます。気づいた時点で癒すことができます。

それを根気強く導いてくださる吉野先生と、何よりもきっかけをくれた我が子に、今は感謝の気持ちでいっぱいです。

私が私として幸せな人生を生きていけるように、自己実現に向けて、これからも先生の力をお借りしながら、自分の心と向き合っていきたいです。
                                (40代 女性)

体験者の声4

カウンセリングとの出会い

7年前、長男が身体的・精神的にボロボロで、登校拒否の状態の時にカウンセリングのお勉強を始めました。お勉強をしていく中で、「過去と他人は変えられない。変えられるのは自分だけ。」と教えて頂きカウンセリングを受け始めました。

お勉強・自分がカウンセリングを受け始めて1年経った頃、周囲の人から「最近変わった。」と言われ始め長男は学校に行き始めました。私が長男にした事は何にもありません。自分がカウンセリングを受けただけです。

また、長男が高校進学の時「お母さん、島外の高校受けたい!」と言いました。カウンセリングのお勉強をしていなければ無条件に反対したと思います。

でも私は「行きたいなら受けたら?落ちたら地元の高校ね」と答えました。長男は無事希望高校に合格し、充実した3年間を送れました。

カウンセリングに出会ってなければ・・・。と考えるとちょっと怖いです。今の長男と私はないのですから。

まだまだ解決しないといけないことはたくさんありますが、これからもカウンセリングを受けながら、自分の問題と向き合いより楽しい人生にしていきたいと思います。
                                (40代 女性)


体験者の声3

親離れ子離れこんにちは。

娘は、今日○○に発ちました。長い夏休みでしたが、今までで一番充実した感覚でした。

娘は、不登校時代を思い出し、やっと治りかけていた昼夜逆転がまた始まったり、リスカもしてしまったりと色々とありましたが、なにやら私の気持ちは落ち着きと冷静にあふれていたようで、不思議なくらい愛おしさがおしよせてきます。

娘のことは心配ですが、それ以上に娘の方が私の体のことを心配している感じがわかりました。しかし娘が自分自身で自分を認め、癒やすことができる日が来るまで、何度倒れても娘の安全基地でいたいと思いました。

逃げたいと言っていた私! 先生おぼえていますか? 生きていて良かったと、何度も何度も感じます。
疲れたり、もぉ~!とかいいながら毎日充実感があるんです。嬉しい。

親離れ子離れ・・正常にやっていけることを、今は目標にしています。

先ほど娘を見送りながら、そう感じました。
(50代 女性)

体験者の声2

三人の子供が愛おしい4年前の自分からは、今の自分が全く想像できない程、私と私の家族は変わることができました。あの頃は、遠方にいる娘の心配で八方塞がりの状態。自分も目眩で動けなくなり、そんなときに紹介していただいたのが、心理学講座でした。講座体験のときに、5年振りに溢れた涙が止まらなかったことを今でも忘れません。そのとき、自分が求めていたものがその空間にある気がしました。

講座を受講しながら、カウンセリングを受けて、「自分が変わることで、家族が変わる」とは思っていませんでした。私を避けていた娘から、お母さんが変わったから帰る場所ができたと言われたとき、あぁ勉強してきて良かったなぁと実感しました。子供達の心配ばかりで、愛おしいと思う気持ちも忘れていました。

今では三人の子供が愛おしい、そんな自分に自信さえも持てるようになり、穏やかに何もない普通なことを幸せと思えるようになりました。そんな話をしなくても、小学生だった子供が、「今の生活で満足してるし、お母さんだってそうよね」って言ってきたことがあります。母子家庭で最低限のことしかしてあげられない、寂しいはずなのに、心は満たされているんだと思いました。

もちろんこの4年間が順調にきた訳ではありませんが、喜びや苦しみを共感してくださる先生や一緒に受講している皆さんの存在があってこその今であり、感謝しかありません。
これからも自分と向き合い、自分が幸せになることで、家族も幸せになる。
そんなささやかでも、大切な目標のために勉強を続けたいと思います。
(40代 女性)

体験者の声1

息子がイジメ私がカウンセリングを受けるきっかけは、息子がイジメにあったことです。その頃の私は、息子が死んでしまうのではないか、と思ったり、周りの人が全部敵に見えたり、人が怖くて仕方なかったり、子どもに起こることから守ってあげないと、と除雪車の親になってしまっていたり...。生きているのが辛かったです。
 
そんな私に、月1回のカウンセリングや講座に参加することで、起こってきた変化がありました。私はいつまで被害者なのだろうと思ったこと。何か起こりそうなときは逃げる方法を考えなくても乗り越えればいいということを知り、目からウロコが落ちたこと。息子はもちろん、家族1人1人にはそれぞれ力があると信じられるようになったこと。なにかあったら、今度のカウンセリングで先生に聞いてもらおう、と思うことで乗り越えられることが増えてきたこと。などなどの変化が起こってきました。

そんな私の現在は、「嫌です」が少しずつ言えるようになってきました。夫婦が仲良くなりました。子ども達が逞しく見えてきました。生きるのが楽になってきました。今の今ですが、私の息子が発達障害だったというのを忘れていたことに気づきました(笑)。

ちなみに息子はこの春家を離れ、専門学校に進学しました。これからいろいろなことがあると思いますが、息子はきっと大丈夫です。とりとめのない文章になってしまいましたが、たくさんの方々がカウンセリングとの出会いをきっかけにして、楽になられたらいいなぁと思っています。私自身もこれからも月1回のカウンセリングを続けていきながら、もっともっと自分の中の変化を期待しています。
(40代 女性)

お気軽にお問合せください!

  • 無料プレゼント「幸せの種の育て方」
  • カウンセリング・講座の感想はこちら